PV施工をするときには様々なメリットがある

PV施工で太陽光発電システムを導入すると、自宅で電気を発電出来るので電気料金の削減が期待出来ます。

オール電化だと効率よく電気が活用できる上に、ガス代がかからないので光熱費を節約できます。

太陽光発電のメガソーラーの情報をまとめました。

PV施工の最大み魅力は、余った電力を電力会社に売電出来ることです。

簡単な手続きをすれば、自動的に電気の売電が行われて差額が収入となって振り込まれます。

夜間は発電出来ないので電気を買う必要がありますが、夜間は時間帯別電灯契約などを契約すれば電気料金を削減出来ます。



PV施工では、国や県、地方自治体などから補助金が貰える制度があります。

また、地震や台風などの自然災害などの停電が起きたときでも、太陽が出ている昼間なら発電した電力を利用出来ます。

一時的には、太陽光発電システムは停電しますが、パワーコンディショナ付近にある非常用コンセントを利用すれば、最1500kWまで電力を利用出来ます。



エアコンや電気の消費量が多い電化製品は利用出来ませんが、少ない家電なら利用が可能です。

太陽光システムは、ソーラーパネルを設置しますが、それによって断熱効果も得られます。



屋根へ設置した場合、直射日光を遮るので涼しくなり、冬は外部へ放熱を抑えるので暖かく過ごせます。

ターゲットに応じた太陽光発電の資格の情報を知りたい方必見です。

断熱効果があるので、エアコンの使用も少なくなるので節電が期待出来ます。


更に、二酸化炭素を出さないクリーンエネルギーです。
地球にも優しく、そして家庭にも優しい発電システムが太陽光電池です。

http://matome.naver.jp/odai/2134339809497636401
http://www.jpita.or.jp/pc/
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000016.html